インプラント治療を受ける前に

歯周病や虫歯で歯を失ってしまった人には、インプラント治療がおすすめです。だんだん聞く機会も増えてきたインプラントですが、実際に治療を受ける前に、どんな流れで治療が行われるか確認してみましょう。

インプラント治療の流れ

カウンセリングを受ける

実際に視診し、今後の治療方針や費用について説明を受けます。このときに不安な点や気になる点があれば、納得するまで質問しましょう。また、カウンセリングを受けたからといって、治療を受けなければいけないわけではないので、安心してカウンセリングを受けましょう。

レントゲン撮影や精密検査

インプラント治療を始める前に、レントゲン撮影・血液検査・CT撮影を行います。これは最適な治療方法を見つけるだけでなく、治療にかかる費用なども算出するのに必要です。また、血液検査では自分でも気づかない病気を発見し、安全に治療を進めるためにも受けなければいけません。

インプラントの埋入

アゴの骨にインプラント(歯根部分)を埋入していきます。痛みがないか心配かもしれませんが、局所麻酔を打つので痛みはありません。埋入後は2~6か月の間に骨と結合します。結合が確認できたら、歯冠という人口歯を取り付けます。人工歯は患者に合わせて色や形を作ってくれるので、他の歯と違いがあって違和感がある、ということも無いでしょう。

[PR]

赤坂には歯周病を治せるクリニックがある★痛みを排除!
歯科なら大阪市のクリニックに通おう★綺麗な歯が手に入る!
名古屋駅の矯正歯科が最適!医療体制が整っているから安心♪
武蔵小杉の歯科なら痛くない★24時間予約ができます!
京都でインプラントの施術を受けよう★破格な値段でできる!

治療の手引き

レディ

いい歯医者の選び方

京都や大阪市、名古屋など大きな都市にはそれに付随してたくさんの歯医者があります。しかし、そうなると選ぶのも大変です。簡単に選べるコツとしては、まずは患者の要求をすべて受け入れない歯医者を選ぶことです。もちろん要求はできる限り聞いてほしいですが、それが適切な治療とは限りません。要求を聞きつつ、ベストな治療法を提示してくれる歯医者がいい歯医者と言えますね。また、患者1人当たりの治療時間をしっかり取ってくれるかも確認しましょう。極端に短い時間では、精度の高い治療はできません。これは通常の歯科でも矯正歯科でも同じことが言えます。

歯磨きをする特の注意点

歯磨きをするときには、硬い歯ブラシを使わない方がいいでしょう。硬い歯ブラシでは、表面のエナメル質を傷つけてしまうかもしれません。また、食後30分以内に歯を磨くのも同様の危険があります。食後は口内は酸性になっているのが原因なのですが、知らずにすぐ磨いてしまう人も多いでしょう。磨きすぎにも要注意です。歯の黄ばみが気になって力強く磨いてしまうと、知覚過敏になってしまう可能性があります。自分で上手く歯磨きできているか心配な方は、歯医者さんでチェックしてもらうといいでしょう。赤坂や武蔵小杉、名古屋駅周辺など人が多いところには歯医者がたくさんあるはずです。

[PR]

広告募集中